「森の養殖カキ 本格出荷へ」ー函館新聞に紹介いただきました

森の養殖カキ本格出荷へ

2018年4月5日>>

“森の養殖カキ 本格出荷へ「6次産業化目指す」ー森町のイワムラ水産”
イワムラ水産(尾白内22、岩村雅美社長)は、森町で養殖したカキを「ほてい牡蠣(かき)」「秀峰牡蠣」と命名し、本格出荷に乗り出す。5年以内に100トンの水揚げが目標で、地元に加工工場とカキの提供スペースを新たに設け、6次産業化を図る。同社は「身入りの良さと口の中に広がる海の旨味(うまみ)が強み」とPRする。
同社は45年ほどホタテ漁を手掛けていたが、海の変化によりホタテが「へい死」したり、台風の影響を受けたりして、水揚げ量が減少。同社では近年、最盛期の3~4割ほどまで落ち込んだという。この減少の穴を埋めようと、海水温度の変化に強く、水質を浄化する作用があるカキ養殖への参入を決意した。……(後略)