衛生管理・食品検査について厳しいカキの生産

カキは食中毒を極力回避するために衛生管理食品検査について厳しく、生産・流通段階でいくつかの対策がとられています。
生食用として流通できるカキには、

  • 微生物に関する「成分規格」
  • 採取する海域や加工処理の衛生要件等に関する「加工基準」
  • 保存温度などについての「保存基準」

が定められており、これらの規格基準に適合したものだけが「生食用カキ」として流通できます。さらに表示についての基準もあり、「生食用」「加熱用」「採取海域」の表示しなければなりません。

生食用カキの基準

生食用のカキの加工基準としては、「定期的な貝毒検査の実施」し、
「大腸菌群最確数が一定以下の海域で採取されたもの」
「それ以外の海域で採取されたものであって、大腸菌群最確数が一定以下の海水、または塩分濃度3%の人工塩水を用い、かつ、当該海水若しくは人工塩水を随時換え、浄化したもの」
のどちらかであることが規定されています。
(食品衛生法第7条第1項の規定に基づく「食品、添加物等の規格基準(昭和34年12月28日厚生省告示第370号)」)

生食用カキの成分規格として、細菌数、腸炎ビブリオ最確数などの割合や、その測定方法が細かく規定されています。保存温度も冷蔵の場合10℃以下、冷凍の場合ー15℃以下であることや、保存時の容器、包装についても定められています。また生食用カキには、食品衛生法に基づき、どこの海域で採取されたかの表示が義務付けられています。

販売されている北海道産カキ

販売されている北海道産カキは、定期的にノロウィルス及び貝毒の検査を行っていますので、安心してお召し上がりください。検査は海域毎(“ほてい牡蠣”“秀峰牡蠣”は噴火湾の「森海域」で育てられています)に行われ、検査結果は北海道ぎょれんホームページ「北海道産かき安心情報」で公表されています。