なまら、うまい!噴火湾産カキ

北海道噴火湾の穏やかな海流、そして時には厳しい自然環境で育った噴火湾産カキ。噴火湾には山からの栄養をたっぷり取り込んだ多くの河川が流れ込み、植物性プランクトンも豊富です。

そうした噴火湾でのカキの養殖は、身に十分な栄養を取り込ませ、大きく、引き締まったカキを育てます。これが噴火湾産の新しいブランド「ほてい牡蠣・秀峰牡蠣」の旨さの秘密なのです。

濃厚な味わいのカキ

カキの食用としての歴史は非常に長く、世界中で食され、人類が親しんできた貝の一つです。
自然のマガキは、海水と塩水が混ざり合う塩分濃度の低い水域を好み、湾内の海岸よりから河口近くの栄養に富んだ海域に生息しています。養殖する場所の水深や密度をこまかく調整することで丸々として身入りがよく、濃厚な味わいのカキが育ちます。

そうした海域で育った噴火湾産カキは海の香りと濃厚な味わいが特徴で、一度口にすると忘れられない味です。「ほてい」牡蠣は、七福神の一神「布袋」の肥えた腹を思わせる大粒の身が由来で、殻が盛り上がったLLサイズ。「秀峰」はLサイズで、駒ケ岳の恵みを含んだ濃厚な味です。

「ほてい牡蠣」「秀峰牡蠣」とは

「ほてい牡蠣」の名の由来は、「噴火湾の海の恵みで育ったカキ。身は大きく七福神の一神『布袋様』の大きなお腹を思わせる大粒の身。味は濃厚、口の中で幸せを感じさせる」ことから。

秀峰牡蠣は「噴火湾の豊かな湾内で手塩にかけられて育てられた形の美しい身。秀峰駒ケ岳を思わせる形、一口食べれば口の中で海の幸が味わえる」ことから。