MENU
ほてい牡蠣・秀峰牡蠣
ほてい牡蠣・秀峰牡蠣

北海道の豊かな自然に恵まれた噴火湾。そんな噴火湾から新ブランド「ほてい牡蠣」「秀峰牡蠣」が生まれました。

美味しい牡蠣
なまら、うまい

ほてい牡蠣・秀峰牡蠣ともに身はぷっくり!濃厚な大粒の身。噴火湾の栄養を取り込んだ引き締まった牡蠣です。

イワムラ水産
安心と安全

北海道森町のイワムラ水産では、牡蠣の鮮度に細心の注意を払い、衛生管理と食品検査を徹底して行っています。

噴火湾で育った美味しい “ほてい牡蠣” “秀峰牡蠣”

「ほてい牡蠣」「秀峰牡蠣」は北海道噴火湾の海の恵み、豊かな自然環境、生産者のこだわりが生み出した新しいブランドのカキです。じっくりと栄養を蓄えた濃厚な味で、身入りの良さと口の中に広がる海の旨味が強みです。
丹精込めて育てられた「ほてい牡蠣」「秀峰牡蠣」ともに身はびっしりとつまっており、噴火湾ならではの濃厚で大粒な身、ふっくらとした味わいです!

Saving. Hang tight!噴火湾産カキ

北海道噴火湾の穏やかな海流、そして時には厳しい自然環境で育った噴火湾産カキ。噴火湾には道南の山々からの栄養をたっぷり取り込んだ多くの河川が流れ込み、植物性プランクトンも豊富です。そうした湾内での養殖は、身に十分な栄養を取り込ませ、大きく、身の引き締まったカキを育てます。

Saving. Hang tight!生産者のこだわり

イワムラ水産では、垂下ロープに原盤を1枚ずつ挟んで太陽の光を当て、水深を細かく調整することで、丸々とした食感のよいカキを育ています。手間をかけないと身も殻も理想の形になりません。水揚げしたカキは衛生管理を徹底し、安心・安全に消費「者にお届けするように取り組んでいます。

“ほてい牡蠣”“秀峰牡蠣”は海の恵みがいっぱい

「ほてい牡蠣」「秀峰牡蠣」は、きれいな水に恵まれた噴火湾育ち。水質検査などに合格した決められた海域で、厳しく管理しながら育てられています。「ほてい牡蠣」「秀峰牡蠣」を育てるイワムラ水産は、噴火湾に面する道南森町にあります。森町は北側が噴火湾(内浦湾)、三方が山岳地帯に囲まれ東側には秀峰駒ケ岳がそびえ、昔から水産業が盛んでホタテの水揚げも多い漁業の盛んな町です。カキは植物性プランクトンが流れ込む河口に近い漁場で養殖しており、養殖の方法は海の状態や深さなどによって異なります。イワムラ水産では常に海の状態を見ながら、場所や水深を細かく調整し、丸々としたカキを育てています。

衛生管理と食品検査を徹底

イワムラ水産には、まず「安心と安全」へのこだわりがあります

イワムラ水産で水揚げした「ほてい牡蠣」「秀峰牡蠣」は、鮮度に細心の注意を払い、衛生管理と食品検査を徹底して行っています。
水揚げしたカキを殺菌濾過装置によって紫外線を用いて殺菌を行い、48時間かけて滅菌を行う部屋や、従業員がカキをむき身にしてサイズごとに分ける部屋、流水の力で細かな殻を取り除く部屋などを設けています。むき身作業室や包装作業室では、作業終了後の夜間の間、室内にオゾンを放出し、空気中に漂う菌を滅菌しています。
衛生管理では、トイレに入った後は手の消毒をしないとドアが開かなかったり、各部屋を仕切るカーテンの開閉をボタンではなく直接手で触れないセンサー式にしたりするなど、雑菌を作業する部屋に持ち込まないよう徹底しています。

イワムラ水産では、「きちんと管理をすれば、必ず“カキ”を安全に提供できる」そう信じて仕事に向き合っています。“カキ”は美味しく、低カロリーでミネラルや栄養が豊富な食材ですので、安全なカキを多くの消費者の方にお届けしたいと思っております。
PAGE TOP